議決History

ニューヨーク国連本部でモビドルが共通通貨システムとして発表された。この政策は、国連経済社会理事会特別諮問の地位を持つISEAがはじめて発表し、モビコインズのシステムの基盤となった。
国連アジェンの解決に向けた発表を向けて、2017年1月、非政府機構の委員会の議論、高官級代表参加者たちの支持署名に続き、8月1日、「モビドル基軸通貨システム及び生存マネーシステムの適用についての発表」が現場で行われる。
発表の主な内容は、第一、金融主権の共用化より、世界市民の金融植民地化を防止すること、第二は、金本位制の喪失を地区生産性本位制に代替すSること、第三は、生存の人権を保障する生存マネーシステム、第四は、無価値・無責任の自由市場原理を、有価値・有責任の高位級技術金融政策の基礎を備えること、第五は、資産等価放出に向けた放出委員会の稼動、国連アジェンダ第1、第2の目標を達成後、2030年解散
また、2018年2月、UN本部会議で高官級技術金融委員の同意を受けたISEA財団は、2019年5月、ジュネーブUN本部・大会議室での3日間の会議期間中、110都市が会員として認定されGBFCが構成された。
国連と国連に登録されている色んなNGO機関は、2030年まで17つの国際的な課題を解決するため、「SDGs 2030アジェンダ」というプロジェクトを進めており、GBFCは飢餓問題と富の不均衡問題、都市ネットワーク形成などの課題を解決する。
会議期間中に決議された主な主題、
▼ブロックチェーン金融システムが成功するため、グローバル·ブロック体の専門家で構成されたブロックチェーン金融世界委員会を設置
▼モビドルのBIS比率
▼生存マネーシステムの補償を受ける生存人権の範囲
▼モビドールプロジェクトを具現する場所をドメインアドレスで使用することに対する内容が決議されました。
GBFC(ブロックの金融世界委員会)は、全世界510都市を中心に、ブロックの技術基盤金融を通じて資金を支援し、国連が志向する「世界市民が幸せに共存するスマートシティネットワークを作る」ことができるように支援する国際機構です。