未来都市建設の必要性

1) 高齢化

-生存マネー(モビドル)システムの適用より、全形態の貧困、飢餓終息と食糧安保、栄養状態の改善

-簡素化されたシステムによる福祉社会の具現により応急・緊急措置を実施
 

-健康な暮らし保障とウェルビングの増進

2) 個人化時代

-モビドルシステムの適用で富の不均衡を解消および富の再分配

-モビコインズプラットフォームを通して、安定·検証された暗号貨幣との互換性
 
-既存の支給決済システムとの連動(貨幣、クレジットカード等)
 
-性平等達成および女性、女児の能力強化
 

-包容的・公平性のある良質の教育保障及び生涯教育の機会を増進

3) 都市化時代(スマートシティプロジェクトを適用)

-包容的で/安全で/回復力があり/持続可能な都市と居住地を造成

-飲み水と衛生施設への接近性および持続可能な管理を確立
 

-堅実なインフラ構築、包容的で持続可能な産業化振興および革新

-皆に持続可能なエネルギーを保障
 
-包括的で持続可能な経済成長および生産的完全雇用と良質の雇用増進、そして、持続可能な消費/生産パターンの確立
 

-国家内・国家間の不平等を緩和

4)自動化時代モビドルシステム適用

-ブロックチェーンのモビドールシステムで複雑な金融取引システム手続きの簡素化

 -自動化システムによる持続可能な発展のための平和的・包括的な社会増進

-ブロックチェーンシステムを通じて全てアクセス可能な司法制度、そして、効果的で責務性のある包容的な制度を構築
 

-移行手段の強化および持続可能な発展のためのグローバル·パートナーシップの再活性化

-持続可能発展のための海洋、海、海洋資源保存と持続可能な使用になるための自動システム

-ブロックチェーン基盤システムを通じて、陸地生態系の保護と復旧および持続可能なレベルでの使用増進および山林の持続的管理、砂漠化対処、土地荒廃化の中断および回復、生物の多様性の損失中断のための様々な自動システム
 

-ブロックチェーン基盤システムにより気候変動とその影響に対処する緊急措置を実施

モビドルシステムを基盤とし、国連2030アジェンダ目標を実現。