生存人権

動画再生

生存人権

この単語は人権(Human Rights)と異なります。 生存権(Survival Rights)とも異なります。 人間としての最小限の権利として生存に必要な人権を意味します。

Survival
Human Right

生存人権の基本要素

飲食券

貧困退治と飢えを無くす。

睡眠権

寝れる場所提供する。

応急医療圏

緊急事態発生時に患者を病院に移送する。

移動権

各地域の境界内で移動と居住の自由になる。
疎通権
家族、友達、彼以外の他の人または機関と通話できる権利

教育権

個人として自己開発と成することができる権利

情報権

個人と機関がある政府、または団体、商品または文化に対する必須的な情報提供を受ける権利

生存人権

この単語は人権(Human Rights)と異なります。 生存権(Survival Rights)とも異なります。”
2

「生存人権」に対する用語の定義とこの要素はジュネーブ国連会議の決議セクションの時、同意された。 生存人権の意味を強化するため、国連世界人権宣言に関する第1条、2条、4条、25条、30条が参考として使用された。

第1条
全ての人は生まれた時から自由であり、尊厳であり、平等である。 全ての人は理性と良心を持っているので、お互い兄弟愛の精神の下、対しなければならない。
第2条
全てのの人種、肌の色、性、言語、宗教など、いかなる理由であっても差別されず、この宣言に出ているすべての権利と自由を享受する資格がある。
第4条
誰も奴隷になったり、他人に隷属した状態に置かれてはならない。 奴隷制度と奴隷売買はいかなる形であれ一切禁止する。

第25条
すべての人は食べ物や服、住宅、医療、社会サービスなどを含め、家族の健康や幸せに適した生活水準を享受する権利がある。
第30組
この宣言で述べたいかなる権利と自由、他人の権利と自由を踏み潰すために使われることはできない。 誰に対しても他人の権利を破壊する目的より自分の権利を使う権利はない。

これらの条項は、私たちが実現すべき主な目標です。 したがって、私たちは決議案を可決させ、生存権を「生存人権」と呼びます。