モビドルと既存の金融関係

共通通貨で全ての法定貨幣互換

-スマートシティ内の全ての支給決済はブロックチェーンのモビドールシステムを適用。
-各国の貨幣はもちろん、各種のクレジットカードを使用。
-スマートシティ造成事業契約の時、主な取引銀行と支給連動。
-p2pの取引より安全・迅速な取引可能。(仮想通貨-法定貨幣の両替・システム)

銀行間、決済送金システム契約進行

-本委員会協力建設会社ではADB、IBRD、AFDB、EBRD、IDBなどと取引が可能であり、モビドルのブロックチェーンである金融システムに連動。
-モビコインズ·ウォレット型プラットフォームを通じても、安定しており、検証された暗号貨幣との互換が可能。

モビドル政策である生存人権保障システムを遵守することが条件

– Additional fund support by survival money (10 % of profit, until 2030)

– Perform Circular Equity Investment with the cities’ profit in order to accomplish UN Sustainable Development Goals.