モビドル

動画再生

モビドル

MobiDollar:モビドル:「ドル」は古代から最も古く広く使われてきた貨幣単位の一つとされてきました。 そして、ドルというこの金銭的用語は、今日にもなお、いろんな国で強力な意味として使われています。 また「モビ(Mobi)」は、モバイル(Mobile)の略字であり、「簡単に動ける」という意味を含んでいます。 第4次産業革命時代、多くの人々は個人のモバイル機器を所持しています。 「モビ(Mobi)」は、各個人が私たちの暗号貨幣とともにお互いに繋がりやすく、早くコミュニケーションを取れるように作ろうというモビドール(MobiDollar)プロジェクト名称の概念化に向けた当財団で最も代表的・普遍的に使われる用語であります。
モービードルの目標は、ドルが世界共通通貨になったように、劇的な価格の変動がない世界共通のデジタル通貨になることです。 モビドルの価値と価格は「地球生産性の等価本位制(Earth Productivity Equivalence Standard)」によって決定されます。
モビドルは、従来の貨幣がデジタル形式としては持つことができなかった可能性だけでなく、ブロックチェーンの脱中央化を通じて富の均衡と生存の保障を可能とさせる4次産業革命の核心であります。

モビドルシステム

モビドルのビジョンとミッション

1

生存・マネーを発生させ、生存の人権を保障すること

2

富の不均衡解消と富の再分配.

3

複雑な金融取引きの手続きの簡素化

4

簡素化されたシステムによる福祉社会の実現.

5

モビーコインフラットフォームを通じて安定して検証された暗号の通貨との互換

6

従来の支払い決済システムとの連動(各国の貨幣、ビザ、マスターカードなど)

モビドルシステム

1. モビドルの胎動と価値基盤

   1) 国連人権委員会の特別食糧調査官(ジャンジ・グラー)は、2007年の調査で、120億の人口が皆食べても余るほどの食糧があるにもかかわらず、死に至る人たちが発生するその原因とこの問題の核心は、社会構造にあることを公表しました。
   2) 土地と海洋に対するU.Nの絶え間ない研究と解釈的発展過程を通じて、共有地は特定国家の管轄外にある公害および深海底・南極・待機、宇宙を含め、結局、人類共同遺産(Principle of common heritage of mankind:U.N海洋法、南極条約、宇宙法など)という概念が確立されました。

2. MobiDollar / MobiCoinsの目標

1) モビドルシステムの技術的目標は、基軸通貨で必要な技術であるスピード、低コスト、セキュリティ強化、エラーの減少、攻撃地点と失敗地点の除去などです。モビドルシステムの技術的目標は、基軸通貨で必要な技術であるスピード、低コスト、セキュリティ強化、エラーの減少、攻撃地点と失敗地点の除去などです。

 
2) 金融株権の共用化より世界市民の金融植民地化防止


-金を持った者がすべてを持つこと以上に、時間と労働力の搾取道具として、人類はすべての価値を金に転移させてきました。 問題は、生存に必要とされるお金を持てない不幸な部類が発生し、これを悪用し、お金を絶対権力で使用し奴隷化させ、金融植民地化が可能になれる社会になりました。 それは、才能と能力があっても生存のためにお金を求めることに対しすべての時間を投資し社会のために貢献する機会が剥奪されました

3) 金本位制の喪失が地球の生産性本位制に定着

-人々は金融の基本価値を金に置き,放出された金の数量だけ価値化して銀行に貯金し、その価値を移転させてドルを発行しました。 ドルが基軸通貨になれたのは、金を連邦銀行に預けた分だけ発行したからです。

もちろん、金本位制は、英国は1931年、米国は1971年のニクソン元大統領によって廃止され、これによって国力を基盤に債券を発行し、債券の価値を移転して貨幣を発行していますが、依然とその根源は金(きん)でした。

しかし、金本位制が廃止され、頻発する金融危機を終える目的で、ブロックチェーンのビットコインが新たな代案貨幣として登場しました。
即ち、モビドールは地球生産性、つまり、地球の人口扶養能力などを計算して発行する地球の生産性基盤貨幣であるため、人類が主人という普遍的常識による地球生産性本位制を宣言し、基軸通貨となる正当性を十分に確保することによって、議決を通し公表されました。.