約GBFC

GBFCはGlobal Blockchain Finance Committee (世界ブロックチェーン金融委員会)の略語です。 GBFCは2019年5月ジュネーブの国連でISEA財団が主催した「貧困退治及び大都市政策のためのブロックの金融の実現(Blockchain Finance Implementation for Poverty Eradication and Metropolis Policies)」というテーマでコンファレンスが結成されました。 GBFCは世界のブロックチェーン技術と金融の様々な分野の専門家と代表者で構成された委員会です。 この委員会はジュネーブ国連コンファレンスの「決議(Resolution)」セクションにて会議出席者の支持と同意から設立されました。

この会議に向けて110の都市から219人の都市市場、NGO代表と専門分野の専門家が承認を受け、20人のVIPメンバーが「モビードルプロジェクト(MobiDollar Project)」に係る具体的な決議案に同意し可決させました。

Blockchain Finance: MobiDollar

1)、国連人権委員会の特別食糧調査官(ジャンジ・グラー)は、2007年の調査で、120億の人口が皆食べても余るほどの食糧があるにもかかわらず、死に至る人たちが発生するその原因とこの問題の核心は、社会構造にあることを公表しました。 2)土地と海洋に対するU.Nの絶え間ない研究と解釈的発展過程を通じて、共有地は特定国家の管轄外にある公害および深海底・南極・待機、宇宙を含め、結局、人類共同遺産(Principle of common heritage of mankind:U.N海洋法、南極条約、宇宙法など)という概念が確立されました。 モービードル(MobiDollar)の価値基盤である生存と地球生産性本位の概念は、U.Nの価値的方向性と完璧に符合します。

生存人権

この単語は人権(Human Rights)と異なります。 生存権(Survival Rights)とも異なります。 人間としての最小限の権利として生存に必要な人権を意味します。

GBFC(ブロックの金融世界委員会)スマートシティプロジェクト

GBFC(ブロックの金融世界委員会)が推進する核心的事業であるスマート・シティ・プロジェクトはモビドルシステムを基盤にし、国連アジェンダ2030の目標であるすべての人が、生存だけではない価値に向けて暮らせるように助けることとして、それは即ち、飢餓と貧困の終息です。 透明な分配と公平な調整のために、高管級の技術金融委員会と高官級放出調整委員会を設置し、飢餓と貧困問題を解決するために「生存マネーシステム」機能を設けています。 モビドルは、510都市で使われたり、使用する予定である検証されたコインや政策を共有し交換されます。 交換は必ず地球が生産した有・無形の資産、すなわち、地球生産性を担保とします。

100億の人口定住システム

全世界人口増加の速度が急速に加速化されている。 国連の統計は2030年まで85億人、2100年には110億人に達すると予想。(国連経済社会局-DESA提供) 現在、世界人口の多くはすでに都市を中心に移動したり、都市へ移動することを計画したり集中しているので、2030年まで64%の人口が都市に移動すると予測。 本機関は、人口の爆発的増加を抑制し、暮らしのクオリティーを高めると同時に、品格のある人間定住システムを通じて完成を期待。

  • 評議会
  • 解決策
  • 告知
  • GBFC のレポート
  • 会議記録
  • 注意

GBFC ブランドガイドライン

GBFC ブランド·ガイドラインのダウンロード