スマート新都市が含む要素

AI、ドローン、無人自動化のためのブロックの通信手段

(1) 人工知能の活用

-人工知能が持つ予測力、洞察力、時間的対応力は、社会的価値を高めるのに幅広く活用できる。

-公共データと人工知能を組み合わせた場合、保健福祉、市民安全、災害安全、国土交通、保健医療など、社会の多方面で活用が可能

-良質のデータとアナリティック技術の結合より包容的金融モデルに進むことができる。

(2)ドローンの活用

-災難地域に対する情報を確保し、迅速に対応可能

-自然環境及び陸上/海上生態系の保護

-児童、障害者、痴呆症の老人など社会的弱者の行方不明および犯罪予防に活用可能

通信インフラが劣悪した地域や低開発国にドローンを活用したインターネットサービス供給が可能

(3) ブロックチェーンの活用

-ブロックチェーンの透明で偽造が不可能な技術的特性は社会の公正性と信頼性を高めることに貢献

-供給鎖の主体が相生協力し、責任/倫理経営ができる方向へ導ける。

-食品流通やヘルスケア、農業に適用される場合、安全な食べ物や医薬品の供給が可能

-公共部門での不正腐敗、横領などの問題を遮断

個人プライバシーと安全に向けたブロックのセキュリティ手段

(1) プライバシーキー向けのセキュリティ具現のの対応方案

 a. ハードウェア装置を用いた対応方法(HSM,TPM)

b.SW技術を用いた対応方法(マルチ認証、多重署名)

(2) 可用性のための具現側面の対応策

a. 参加者検証による取引検証及び合意保安

 b. SW技術を用いた対応方法(マルチ認証。多重署名)

(3) 個人情報保護のための具現側面の対応策

a. 一部の中央化を通した個人情報保護の具現

b.取引暗号化と取引情報の削除を通した個人情報保護の具現

c.管理的セキュリティポリシーを活用した個人情報保護の具現

(4) 相互運用性を考慮した具現側面の対応策

一部の中央化を通した個人情報保護の具現

b. 標準化

医療、教育、緊急生活支援登録のための応急手段

医療

教育

緊急生活支援