Core Resolutions

1.

生存人権(Survival Human Rights)という単語を使用することを議決

2.

生存人権(Survival Human Rights)に向けた生存マネーシステムなどをブロックチェーンモビドルに装着すること議決

3.

ブロックチェーンの金融世界委員会(GBFC:Global BlockChain Finance Committee)、組織の設立を議決

4.

この機構は上の議決を中心に国連2030アジェンダを達成することを目標とし、その実現に向けたSMART CITIES建設を支援することです。

  1. 生存人権(Survival Human Rights)という単語を使用することを議決

    これは人権(Human Rights)とは異なります。 生存権(Survival Rights)とも異なります。 人間としての最小限の権利として生存に必要な人権を意味します。

2. 生存人権(Survival Human Rights)に向けた生存マネーシステムなどをブロックチェーンモビドルに装着すること議決

これは、ゼロ欠食(生存マネー)、睡眠(毎日眠れる場所を提供)、応急医療(緊急状況時の病院移送)、移動(一定の距離を移動できる権利)、コミュニケーション(家族、友人、その他希望する団体や人との電話など)、教育(人間としての成長と自己開発)、情報(政府および団体に対し、個人の必要とする商品および文化活動など、必要による参加)を装着することを意味します。

  1. ブロックチェーンの金融世界委員会(GBFC:Global BlockChain Finance Committee)、組織の設立を議決

    生存者権に向けたモビドルが迅速に成功できるように、ブロックチェーンの専門家とブロックチェーンの専門機関の代表者を任命し、新しい機構を組織することを意味します。

  1. この機構は上の議決を中心に国連2030アジェンダを達成することを目標とし、その実現に向けたSMART CITIES建設を支援することです。