100億の人口定住システム

開発途上国が人口増加を主導している。
産業革命の際、世界の人口は激しく増加し、1960年には30億人に至った。それ以降10年ごとに10億人ずつ人口が着実に増加している。 こういった傾向なら2025年世界人口は92億人に達する見通しだ。

1) 全世界人口増加の速度が急速に加速化されている。 国連の統計は2030年まで85億人、2100年には110億人に達すると予想。(国連経済社会局-DESA提供)

2) 現在、世界人口の多くはすでに都市を中心に移動したり、都市へ移動することを計画したり集中しているので、2030年まで64%の人口が都市に移動すると予測。

3) 本機関は、人口の爆発的増加を抑制し、暮らしのクオリティーを高めると同時に、品格のある人間定住システムを通じて完成を期待。

4) 国家間の壁を解体し、都市間ネットワークで世界市民社会の意識向上を主導。